紅茶

HOME > 種類 > フレーバーティー

種類

フレーバーティー

フレーバーティー

ストレートな紅茶を楽しみながら、時々フレーバーティーを飲むのもオススメです。

フレーバーティーとは、茶葉に香りをつけた紅茶のことです。
マスカットやアップルなどの果実からチョコレートやキャラメルなどの香りつけをしてあるものまで多様にあります。

フレーバーティー中には砂糖や甘味料が含まれているものがあるかもしれませんが、ほとんどは香りのみで味は甘くありません。

中国茶では、フレーバーティーに相当する花の香りを吸着させた茶のことを花茶と呼びます。

香りつけの方法は、果物の皮や果肉、花びらなどを乾燥させたもの(ピール)を茶葉に混ぜ合わせます。
この方法では、果物や花びらなどのカラフルな色が茶葉に加わり、香りだけでなく見た目も鮮やかで楽しむことができますね

もう1つの方法は、果実や花から精油してつくるエッセンシャルオイルを茶葉に着香します。
合成香料などを加えてより強い、刺激的な香りを作り出すことができるのが特徴。

また何種類ものフレーバーをブレンドしたものは「ブレンドフレーバーティー」と呼ばれます。
オリジナルでその日の気分によって調合できるのが良いですね。

フレーバーティーは癒しの紅茶です。
あなたの大切なお茶の時間をお好みのティーカップに紅茶をそそぎ優雅に過ごしてみませんか?
ちょっと気分を変えたいときや、ホッと一息が素敵な時間に変わります。
おもてなしにもぴったりの飲み物ですね。

シュガーやはちみつ、ジャム、ミルクなどを入れても美味しいです。
クッキーやケーキを焼くときにいれてもいいですね。