紅茶

HOME > 種類 > アールグレイ

種類

アールグレイ

アールグレイ

紅茶好きの方なら「アールグレイ」という紅茶の名前を聞いたことがあると思います。では、どんな種類のお茶なのでしょうか?
アールグレイというと、アッサムとかダージリンなどと並んで、紅茶の産地の名前のことだと思っている方がたくさんいらっしゃると思います。
しかし、アールグレイとは紅茶にベルガモットの香料で香りをつけたもののことを指しすのです。
主に、タンニンが少ない中国茶やセイロン茶が使われることが多く、比較的渋みの少ないブレンドした茶葉にベルガモットオレンジの香りを付けたいわゆるフレーバーティーの一種。定番人気の紅茶です。
そもそもは、1830年代、中国に外交使節として滞在していたイングランドのグレイ伯爵が、中国で聞いた紅茶に着香する製法を、ロンドンの紅茶商ジャクソン社に教えたことが始まりとされています。
「Earl」というのは「伯爵」の意味で、「Grey」というのは人の名前。つまり、アールグレイとは「グレイ伯爵」という意味なんですね。
その後、ジャクソン社は独自に研究を重ね、このアールグレイを発売したところ大ブレーク。当時「香りにおいて並ぶものなき絶品」とまで高い評価を受けたのだそうです。
イギリス王室をはじめ、デンマーク、オランダ、スウェーデンの王室からも用命を受け、ジャクソン社は、このアールグレイの発売によって一気に紅茶商としての地位を確立することとなります。
同社は、一定のブレンドに名前をつけるやり方をその後も続け、アールグレイ以外では「ロンドンデリー婦人」「ミルトン博士」といったブレンド茶も発売されました。
しかし、ご存知の通り、現在も残るのはアールグレイのみとなっています。
ベルガモットには、精神を安定させるホルモンバランスを調整する効用もあるとされています。風味付けとしてお菓子にもよく使われます。
アールグレイの根強い人気は、この先も衰えるこはないでしょう。