紅茶

HOME > 紅茶の産地 > インド

紅茶の産地

インド

インド

インドは紅茶の生産量世界一を誇る国です。
栽培は、19世紀に宗主国イギリスによってアッサムで始められ、現在では世界のお茶の生産量のなんと30%近くを占めています。
しかし生産量では世界第1位ですが、輸出量となるとスリランカ、ケニアについで第3位となります。
これはインドでは紅茶が日常的に飲まれているので、紅茶生産国として世界最大であると同時に、大きな紅茶消費国にもなっているためなんですね。
インド紅茶はそのほとんどが、生産地が紅茶の名称になっており、中でもダージリン、アッサム、ニルギリなどが有名ですよね。
その紅茶生産の歴史の発端は、この国がイギリスの植民地だった時代までさかのぼります。
植民地統治時代、インドには紅茶の生産体制でけではなく、喫茶の習慣も根付きました。
現在もインドでは、あらたまったお茶会などの場合はイギリススタイルなのだそうです。しかし、一歩街へ出ると、そのお茶の飲み方もガラリと変わるのだとか。
インドの町のあちらこちらには、チャイ(ミルクティー)を売る店が出ています。”店”というよりはどちらかというと屋台のようなもので、町を流して歩くチャイ売りもいるようです。
大きなヤカンで煮出した濃厚なミルクティーを、ガラスのコップか素焼きの小さなコップに注ぎわけて売るのです。暑いインドで、しかも甘みもかなり強いチャイを一杯飲むと、体の中にエネルギーが送り込まれるようですよね。
そして素焼きのティーカップは、飲み終わったらその場で地面に落として割ってしまいます。こうして、土にかえせば、リサイクルも完了、というわけなんです。